2020.07.02お知らせ
まだ梅雨の間

まだ梅雨の間の投稿画像01

紫陽花(あじさい)が咲いていました。

奈良~平安時代ではいろいろな呼び名で詠まれていましたが、集真藍(あづさあい:藍色集まる)とも表記されていた様で、古くは藍色の花(ガクアジサイ)として親しまれた花です。今の漢字になったのは、平安時代からの誤用ともいわれますが、十世紀ばかり経っても使い続けています。白・青・藍・赤・桃・緑とさまざまな色があるのに、紫だったのはそんな背景でした。

今年の梅雨は、まだまだ続く様子ですが、皆様も計画的なお洗濯を心掛けましょう。